会員の活動紹介  

日本MIT会/SSJ共催 R・J・サミュエルズ MIT教授 来日記念講演 2013/3/26

会員氏名 御手洗 優美子
活動種類 講演会
活動内容紹介
 
2013年3月26日(火)
2011年11月に旭日重光章を受章されたリチャード・J・サミュエルズMIT政治学部教授の震災後の日本に関する研究著作「3.11: Disaster and Change in JAPAN」4月出版及び来日を記念して、講演会を開催致しました。

サミュエルズ教授は、講演で震災後の日本の政治的活動をそのリーダーシップ、脆弱性、コミュニティの観点から行った分析を紹介し、それがもたらした変化について語られました。その内容は、国のセキュリティ、エネルギー、地方自治体という3つの大きな政治的課題において、3種類の行動様式を取る人たち(積極派、現状維持派、後退派)による様々の行動が見られたと結論づけています。

講演会には130名以上の参加を頂き、大盛況でした。その様子を写真でご紹介します。

The special lecture by Richard Samuels, professor at MIT Department of Political Science, awarded the Order of the Rising Sun, Gold and Silver Star in November 2011 was held in March 26th. Professor Samuels' special lecture covered his research of post-earthquake Japan which will be published in April in his book 「3.11: Disaster and Change in Japan」
The event was successful with more than 130 participants. Let us share the moment with the following pictures.
安達会長よりご紹介
Introduction by MIT-J President Adachi
サミュエルズ教授の講演
Lecture by Professor Samuels
質問も多くでました
Many questions are asked after the lecture
サミュエルズ教授と緒方貞子さん
Professor Samuels and Mrs. Sadako Ogata
準備や受付ありがとうございます!
Many thanks to team who supported event for preparation and receptions
講演会前に、本も完売しました!
Before event, professor’s books were all sold out!